小学校英語指導者 将来性

小学校での英語教育の拡大によって注目を集め始めている「小学校英語指導者」ですが、今後日本の英語教育の拡大と共にどのような将来性が見込めるのでしょうか?

2020年から小学校英語正式スタート

すでに文部科学省から発表されている情報では、2018年より小学校での英語教育(正式には外国語活動)が導入されています。これは2020年度より新指導要領が実施されるにむけての移行期間として開始されています。現在は、2020年にむけて小学校3年生から5年生で、地域や学校によってさまざまな取り組みを開始しています。

 

 

早い年齢から学ぶのをスタートする

 

現在は、小学校5・6年生は外国語活動が必須となっていますが、今後小学校3・4年生から前倒しで必須科目となっていきます。現状は、外国語活動に対して成績はつかない学校が多いのですが、今後は他の教科と同じように成績もつくようになります。

 

 

「聞く・話す」を中心に学ぶ

 

小学生の英語教育でははじめに「聞く・話す」ことから学び始めます。まずは英語に慣れ親しむ事を目的としているのでリトミックや、歌、体を使ったりして実際に体感する事で英語に親しみを持ってもらうように授業構成も作られます。そした段階的に「読む・書く」の活動やアルファベットも取り入れ、小学校卒業時点で600語から700語程度の英語を身につけることを目標と設定し、中学校の英語教育に向けての準備をしていくイメージです。

小学校の先生は今から英語教授法を学んでいく

現在小学校で働いている先生たちは、英語の教授法をしっかりと学んでいるわけではないので、これから研修などを受け2020年の新指導に向けて準備をしていく必要があります。そこで2018年より始まっている移行期間から外部からくる知識者を積極的に雇用し、ティームティーチングとして協力しながら授業を行っていく必要が出てきています。

 

そして指導方法も通常の教科の「学ぶ」というスタイルから「楽しむ・親しむ」というところに力をいれるようにと定められています。海外の子供たちが実際に遊んでいるようなゲームなど普通の教師とは違うふれあい方法も必要になるでしょう。

 

そこで必要とされるのが、小学校英語指導者の資格を持つ人です。もちろん英語力や経験などがあれば働く事もできますが、雇用する側としてはやはり資格などを持っているほうが安心する事ができます。小学校英語指導者の資格を持っている事で、必要といわれる目安の英語力を保持している事や、子供の年齢に合わせた英語の教授法もすでに学んでいるという事を把握する事ができます。雇用する側の選定基準にもなり、自身のアピールポイントの1つにもなるので大きなメリットになるでしょう。

まとめ

実際に、文部科学省によって発表されている英語教育についての取り込みなどを見ていると今後日本では小さな子供たちがどんどん英語に触れる事ができる環境を整えていく予定であるというのを知る事ができます。義務教育の中でも大きな変化がでてくるでしょうし、民間の英会話スクールなどでも更に力をいれていくでしょう。そんなピンポイントなニッチで求められている人材が小学校英語指導者なのです。

 

何よりも、小学校英語指導者という資格について学び、資格を取得した事で子供達のグローバルな将来への土台を作るお手伝いをする事ができます。学校勤務、英会話スクール勤務に限らず、学んだ知識を必要としている場はたくさんあります。せっかく学んだ小学校英語指導者というスキルを子供達のために様々な場所で活用していってもらいたいです。そして自分自身も楽しみながら英語を子供達に伝えていきましょう。

このページの先頭へ戻る