小学校英語指導者 給料

勤務先によって相場は違う

小学校英語指導者を目指そうと決めた後、気になる点として実際にこの資格を活かして就職した際の給料がどれくらいなのか?があるでしょう。
就職場所が小学校なのか、民間の英会話スクールなのか、どの地域なのかにもよって大きく変わってきますが現在求人募集をしている情報を元にまとめてみました。

教育委員会や小学校勤務の場合

まずは、大きな就職先の1つである教育委員会もしくは小学校の英語講師として勤務の場合の平均をご紹介します。
学校で英語教師として働く場合は、その小学校の専属として働くのか、教育委員会から派遣されて管轄の地域内のさまざまな小学校で働くかのどちらかになります。

 

小学校で英語を教えるほとんどの場合、常勤ではなく数時間のみの短時間の勤務となります。
小学校の事情や教育委員会がある地域などによって相場は大きく変わりますが、基本的には「パートタイム勤務」としての時給です。

 

高い人は8,000円〜9,000円、ほとんどの人は1,000円〜2,500円ほどと時給にはかなり差があります。
この差は、小学生向けの英会話教室を開業した人と雇われている人の違いであることがほとんどです。
より高い収入を目指すのであれば、まずは経験を積んで、その後開業することを考えると良いでしょう。

 

他にも、「無償ボランティア」で授業を受け持っている人もいるようです。

民間の英会話スクール勤務の場合

こちらに関しても、会社の規模などによって給料もかなり変動しますが、学校勤務の場合よりも勤務時間なども多くなる場合があり給料も高めの傾向があるようです。
参考までにいくつかの求人情報を例としてご紹介します。

 

こちらも、すでにご紹介している学校勤務の場合と同じでその地域や状況によってかなり金額に差が出てしまっているのも事実です。

 

 

参考求人情報

 

神奈川県 A塾
勤務日数:週2日〜
勤務時間:夕方・夜
時給:2,500円
(例:1日授業2コマ(2,500円X2時間)+準備や生徒対応(1,000円X1時間))

 

東京都 E英会話
勤務日数:9:00〜19:00
勤務時間:1日1レッスン〜3レッスンまで
時給:2,000円〜

 

岐阜県 S英語学校
勤務日数:月曜日もしくは水曜日(週一)
勤務時間:10:00〜19:00(休憩60分)
月給:58,000円

 

このように、同じような民間の英語スクールなどでも勤務時間や給料に差があります。
たくさんの生徒を抱えているスクールであれば必然的に、1日に受け持つ必要のあるクラス数が増えていきます。
もちろん、それによって給料もあがっていきます。

 

また、個人で英会話スクールを開こうと考えている人は給料を計算するのは難しいのですが、必要経費などを引いた金額が手元に入ると考えておきましょう。
もちろん教材費や家賃なども発生するので、どれくらい稼ぐ事ができるのかというのは自分の努力次第というところです。

 

身近な地域の求人情報などWEBで確認できるものやハローワークに登録されているものもあるのでチェックしてみましょう。

まとめ

さまざまな職場での小学校英語指導者として働いた場合の給料の比較をご紹介しました。
地域差などがあるので一概に「コレが一番いい!」というおすすめはできませんが、学校勤務の場合と英会話スクール勤務の場合の違いなどを理解して頂ければと思います。

 

生活の為に収入を得る必要があるのか?スキルアップの為に働きたいのか?などしっかりと考えましょう。
そして、小学校だけに限らず民間の英会話スクールや英語教室の求人情報も見比べてみましょう。
実際に求人情報を見比べていると、今後この小学校英語指導者資格を活かしてどのように子供達と触れ合っていくのかを考えるきっかけにもなります。
将来子供への英語教育の幅がどんどん広がっていく事を見据えて、給料だけではなく働くスタイルや環境などすべてを含めて熟考すると良いでしょう。

このページの先頭へ戻る