小学校英語指導者 教員免許

小学校で子供達に英語を教える「小学校英語指導者」ですが、学校で授業をするにあたり教員免許は必要ではないのか?という疑問をよく聞きます。実際のところ、どうなのでしょうか?そして今後はどうなっていくのでしょうか?

教員免許は必要ではない

小学校で英語を教えるにあたり、教員免許は必須ではありません。なぜなら現在小学校で教員をしている人たちのほとんどが英語の教授法を学んでいないため小学校で子供達に英語を教える事ができないのが現実です。

 

そこで文部科学省が設置したのが「特別免許状制度」です。教員免許を持っていなくても、その分野において優れた知識や経験があれば教員として働く事ができるとして小学校の英語教育の分野において拡大してきました。小学校英語指導者資格を取得する事で、この特別免許状制度にあてはまり、小学校で英語の授業を受け持つ事ができるようになっています。

 

もちろん、民間の英会話スクールなどは「学校」では無いので教員免許の有無は問われる事はありません。教員免許の有無よりも、小学校英語指導者資格の有無のほうが強いアピールポイントになります。

 

 

学校で教えられるのは英語の授業のみ

 

小学校の教員免許が無いので、英語以外の授業を受け持つ事はできないので注意しましょう。もしも教員免許を持っていて学校から雇用されているのであれば、英語も含めその他の授業も受け持つ可能性がありますが、小学校英語指導者資格のみを取得している場合は限られた英語の授業に注力できるように努力しましょう。

 

 

もしも学校教育に関わりたいのであれば教員免許を取ろう

 

英語の授業だけにかかわらず、子供達や学校教育にもっとしっかりと関わっていきたいという人で、これから大学を目指す人は教育系の学部などでしっかり学び教員免許を取得しましょう。小学校だけに限らず、中学校・高校も含めた教員免許を取得できると中高でも英語の授業を受け持つ事ができるので選択肢の幅が広がるのでおすすめだと言われています。

 

※小学校英語指導者は中学校・高校での英語の授業を受け持つ事はできません。

小学校英語指導者資格を教える「小学校英語指導者育成トレーナー」

英語授業の拡大に伴い、現在小学校の教員として働いている人たちの小学校英語指導者資格の必要性が上がってきています。小学校英語指導者資格を学んでいる人たちの教師の割合が高くなっているのも事実です。

 

そんな人たちに小学校英語指導者資格について教える事ができるのが、J-SHINEが主催しているトレーナー検定試験に合格した人に付与されるのが「小学校英語指導者育成トレーナー」です。小学校英語指導者資格を必ずしも取得している必要はありません。資格を取得するための養成講座などを受け持つトレーナーなので、この資格だけを持っていても小学校で英語の授業を受け持つ事はできないので気を付けましょう。

 

今後、教員の英語指導者資格の取得が増えてくることを考えると将来的に注目される資格のひとつになるのではないでしょうか?

まとめ

小学校英語指導者になるためには教員免許は必要ありませんが、子どもへの指導方法や脳の仕組み、英語の教授法などさまざまな知識をつける必要はあります。また実際に毎日子どもたちと触れ合っている教師と、英語の授業のみでしか触れ合えない英語教師では子供達との絆にも差がでてきます。

 

教員試験が無いから簡単だと考えるのではなく、「英語のみ」と限定されているのだからそれを深いところまで追求して子供達に提供できるように努力し続けていく力と気持ちがとても大事になってくるのではないでしょうか?

このページの先頭へ戻る